強運ナポレオン

フランス革命に対しハプスブルク帝国、イギリス、プロイセンなどが干渉してきたことでフランス革命政府が宣戦布告。
第一次対仏大同盟が結成された。

この時、26歳のナポレオンはイタリア遠征の軍司令官に任命され、ハプスブルク帝国に勝利する。
フランスはカンポ=フォルミオの和約でハプスブルク帝国の領土だった北イタリアを領有する。

さらにイギリスのインド支配を妨害するためにエジプト遠征を行う。
エジプト遠征ではオスマン帝国軍には勝利したが、アブキール湾の戦いではイギリスのホレーショ・ネルソン海軍元帥に敗れ苦境に陥る。
北イタリアは再び、ハプスブルク帝国のものになる。
そして第二次対仏大同盟が結成される。


エジプトでの苦戦中、ナポレオンはしばらくエジプトに駐留するが総裁政府の危機で1799年10月に逃げるようにパリに戻り、11月9日にはブリュメール18日のクーデターで見事、実権を握る。
この時、ナポレオン30歳にして第一統領となった。


強運、ナポレオン


激動のフランス革命期の時代にハマった英雄なんだな。
更にライバルがことごとく若死にしている。

 

そしてイタリア戦役の敵、オーストリアと北イタリアを遮断するためスイスのジュネーブに兵を進める。


⚫味方のライバル
ジャン・ヴィクトル・マリー・モロー将軍。
ナポレオンがエジプト遠征で不在中、シエイエスタレーランはモロー将軍を擁立しクーデターを起こそうとした。
しかし、急きょエジプトからナポレオンが帰国したため御株を奪われた。

これが後にあわよくばナポレオンを抑えて自分が上に立とうとするライバル意識に発展した。

そして起こった大事件、1800年のクリスマスイブの地獄の仕掛け事件。

ナポレオンがジョゼフィーヌと馬車でオペラ座に向かう途中、爆弾が爆発。
ナポレオンが通り過ぎた直後の危機一髪だった。

ナポレオン、ケネディ大統領より強運なんだな。

数年後になってこの時の事件の嫌疑をかけられモロー将軍はアメリカに亡命。

それからモローはロシア皇帝アレクサンドル1世に招かれ、1813年のドレスデンの戦いではロシア軍としてナポレオンと戦う。
しかし、砲撃により両足を負傷、切断した後に死亡。享年50。


やはり、ヨーロッパだからってロマンチックじゃない、戦争だ(泣)。


ドレスデンの戦いの後、ナポレオンは降伏しエルバ島に流されるのに、モロー将軍はナポレオンと反対に、ことごとくついてないな。


このモロー将軍、イタリア戦役の時はドナウ方面軍を任されていたがドナウからイタリアに向かうナポレオンの正面突破の作戦に反対し兵を動かさなかった。
海路はイギリスに包囲させている。
仕方なくナポレオンはアルプス山脈を越える作戦を余儀なくされた。

しかし、1800年5月、37000人の兵を率いて見事にサン=ベルナール峠を越えるアルプス越えを達成。


「余の辞書に不可能の文字は無い」(笑)


アルプス越えの後、ミラノからオーストリア軍の背後を襲撃。
更に北イタリアにも先にマッセナを港町ジェノバに派兵していたがマッセナは籠城中に陸はオーストリア、港はイギリスにと敵に完全包囲されていた。

 

⚫味方の味方
ルイ・シャルル・アントワーヌ・ドゼー

ドゼーの肖像画はスゴい。
鋭角的な高い鼻筋の美青年。


f:id:jzenzen:20200720204812j:image

ジェノヴァに篭城するマッセナ元帥の部隊は持ちこたえず開城し降伏。オーストリア軍は一時、戦勝気分でトリノに集結していた。
ナポレオンはジェノバに向かう途中、マレンゴでオーストリア軍と鉢合わせに。

しかし、ナポレオンはオーストリア軍主力はトリノに集結していると誤認していた為、兵力ではオーストリア軍31000に対して23000と劣勢。

ドゼーにはトリノに進軍するよう命じていた。
しかし、ドゼーがトリノに向かう途中、マレンゴの方向から銃弾の音が聞こえ


あ、ワーテルローグルーシーと同じ(笑)。


機転が利くドゼーは伝令からの知らせでもって神速にマレンゴに到着し、逆転した。
しかし、ドゼー戦死。享年32。


またもやナポレオン危機一髪の勝利。


ナポレオンが後に
「ドゼーは私の最良の将軍であり、次がクレベール、おそらくランヌが三番目だ。」
と語った。
3人共、亡くなりましたね。


⚫最優秀の部下
ジャン・ランヌ元帥は言わずもがなナポレオンが皇帝になってからの一番の部下。やはり宿敵オーストリアとの戦いで1809年に戦死。享年40。ランヌも脚切断の後に(泣)。

⚫エジプトを押し付けられた部下
ジャン=バティスト・クレベールはフランス革命の共和派の軍人でナポレオンに見出だされエジプト遠征に同行。
ナポレオンがブリュメール18日のクーデターでフランスに帰国した後の総司令官を任された。
その時、捕虜の扱いが悪かったせいでかカイロで暗殺された。享年47。

 

 

フランス海軍の駆逐艦にモガドール級大型駆逐艦というのがありクレベール、ドゼーの名前の艦が建造予定だった。
他はマルソー、オッシュという駆逐艦と4隻。
4隻共、フランス革命期、ナポレオンと同時期の軍人の名前。

1939年に第二次世界大戦が勃発し、建造が中止されたとか。

⚫オッシュ
ルイ=ラザール・オッシュもまた、フランス革命期の共和派の軍人でナポレオンのライバル。30歳で病死。

⚫マルソー
フランソワ・セヴラン・マルソー・デスグラヴィエ将軍、フランス革命の共和派の軍人、享年27。

 


ドイツなら戦艦シャルンホルストグナイゼナウがあるが、クレベールとドゼーが生きていたら、ドイツ参謀本部みたいな組織力を発揮する名コンビでナポレオンを上手く補佐したかも知れない。

ナポレオンの強運と、この二人を失ったゆえに後の悲劇ロシア遠征ワーテルローが偲ばれる。

 


⚫初代フランス皇帝
ナポレオン・ボナパルト
フランス革命の混乱に乗じて軍事独裁政権を樹立。
1804年12月2日、戴冠式にて初代フランス皇帝に
1815年6月18日のワーテルローの戦いに敗戦しセントヘレナ島への流刑罪に処される。
6年間過ごし1821年5月5日、死去。享年51